福岡宝石市場スタッフ・ブログ

末永 知佳

2018年2月28日 (水)

「とり」という言葉 「鳥」と書いたら詩的なのに「鶏」と書いたらおいしそう

なんと。
前回の初ブログのタイトルは「ハッピーサウィン!」。
そして今は2月。のフィナーレ。
10月の初ブログから全く記事を書いていない……?
私は一体何をしていたのか。
自宅でうどんを粉から打ってごぼう天うどんを作ったり、大好きな香草を沢山まぶしてハムを作ったり、そのハムを使ってやっぱり粉から打ったパスタ麺と合わせてカルボナーラを作ったり、ネタにできそうなことがない訳でもなかったのに。
ではそれらのネタを使ってお料理ブログでも書こうかな。というのは作ったその時に考えなくてはいけないことであり、作ったごはんは全てお腹に入って消化されて元気な私の栄養になりました。
今の私の写真フォルダには日本各地の花鳥園や鳥カフェを巡って趣味で撮ったフクロウの写真しかない。


という訳で、本日は鳥の話です。


唐突ですが、私はフクロウが大好きです。

Cimg1874

一番好きなのはメンフクロウ。
何年か前まではGoogleで「メンフクロウ」という単語を入力したら、検索候補欄の上位に「メンフクロウ 怖い」という検索ワードが表示されて非常に悲しかったものです。最近ではこの通り。

Photo

「メンフクロウ 怖い」が候補の順番として下位になりつつあり、更に「メンフクロウ かわいい」というポジティブな検索ワードの方が上位にあるようです。メンフクロウの魅力が正しく認知されているようで喜ばしく思います。

近年じわじわとフクロウの人気が上昇中。それ以前にも、フクロウは「福朗」など縁起の良い当て字で表記され「福を呼ぶ鳥」として愛されている鳥でした。

Cimg1883

しかし、実は日本でフクロウに対する良いイメージが定着したのは結構最近の話であったりします。
フクロウは漢字で書くとこんな字です。

「木」の上に「鳥」に似た字を書いている。フクロウは木の上にいる鳥だから。
と思いたくなるのですが、この字の成り立ちについて古い中国の本(「説文解字」)には「不孝の鳥なり。日至に、梟を捕えて之れを磔(タク)す(訳:フクロウは親不孝の鳥である。夏至の日にはフクロウを捕まえてはりつけにする)」と書かれています。悪鳥と見なされたフクロウを木にはりつけにした姿を現しているのが「梟」という字だというのです。(※諸説あるようです)

フクロウの語源について、古い時代の日本では「父母(ふほ)喰らう鳥」というところから来ていると言われていました。
これは中国から伝わってきた考え方のようで、どうも中国・日本だとフクロウという鳥は親殺しをする不孝者な鳥というイメージだったようなのです。
実際にはフクロウはそんなことをする鳥ではないのですが。

あの古典文学の名作「源氏物語」の本文にもフクロウは3か所出てきますが、どれも不吉で不気味な様子を表現する時に文中に登場しています。
現在では「福」の鳥として愛されているフクロウ、昔は随分嫌われ者だったんだなあ……とフクロウ好きとしては悲しくなってしまいます。
「乱世の梟雄」なんて言葉で「梟」という字が熟語として使われますが、「梟雄」というのは「残忍で強く荒々しい人間」を意味する言葉。
恐ろしい鳥というイメージが払拭されつつある現在でも、熟語を見れば昔の悪いイメージの名残が感じられます。


最後に、フクロウではないですが万葉集に登場する鳥の和歌を一つご紹介。

【万葉集 巻5 巻8 1473】
橘の花散る里のほととぎす片恋しつつ鳴く日しぞ多き

【現代語訳】
橘の花が散る里のほととぎすは、片割れを恋いながら鳴いている日が多いことだ。

万葉集を編纂した大伴家持の父、大伴旅人は武人としての性格が強い人であり、大変な愛妻家でもありました。
彼の妻・大伴郎女は大伴旅人が大宰府の長官に任じられ、都を離れて間もなく亡くなってしまいます。以降、旅人は深く落ち込み、亡き最愛の妻に対する思いを詠んだ歌を多く残しています。

上に紹介した歌は妻を亡くした後に弔問の使いが来訪した際に詠んだものです。
橘の花のような妻が散ってしまった里で、自分は毎日彼女を恋いながら泣いている、という比喩で癒えない悲しみを歌にしています。
また、ほととぎすには「しでのたをさ(「死出の田長」)」という異名があり、古くは死者の魂との結びつきが深い鳥だと考えられていました。都から遠く離れた大宰府でほととぎすの声を聴きながら、もう二度と会えなくなってしまった妻に自分の声や思いを届けて欲しいと思っていたのか……と旅人の胸の内を想像してしまいます。

本日は大好きな鳥の話を書きました。
3月は毎年私が楽しみにしているアイルランドのお祭があるので、来月はそのことをブログに書けたらいいなと思います。

2017年10月31日 (火)

ハッピーサウィン!

初めまして。
今年4月からスタッフとして加わっておりました末永と申します。
福岡宝石市場で働き始めてが7ヶ月経ちましたが、毎日が勉強、新鮮な経験の連続です。
まだまだ未熟ですが、持てる力を尽くして皆様と宝石のご縁を繋いでいきたいと思っております、どうぞよろしくお願いいたし ます。

本日は10月31日、ハロウィンです。
日本でハロウィンが大々的に楽しまれるようになったのは最近のことですが、大学時代から古代アイルランド文化に興味を持っていた私に とって10月31日はずっと特別な日でした。
ハロウィンの起源には諸説ありますが、有名な説の一つに「古代ケルト(アイルランドを含む、昔ケルト語を話していたヨーロッパの一部 の地域)文化における大切なお祭、サウィンが起源」とするものがあります。
「サウィン」とはなんぞや?
簡単に言えば正月と収穫祭が一辺に来る古代ケルトの重要なお祭です。
古代ケルトにおける1年の始まりは11月1日。ケルトの人々は10月31日に収穫祭を始め、11月1日に始まる新年に備えます。
1年の中でこの収穫祭~新年の朝の間は異界と人間の世界が繋がっていると考えられており、ケルト人たちは火を燃やして異界の悪い妖精 を追い払ったのだとか。
詳しくはWikipediaの「ハロウィン」のページをご覧ください。
カブで作ったアイルランド版ジャック・オー・ランタンのトラウマになりそうなビジュアルは必見です。

なので私は毎年この時期がくる度に「古代アイルランドではもう新年が始まるなー」と考えながら、行きつけのアイリッシュパブでギネス やアイリッシュウイスキーを飲んでおります。
日本でハロウィンがホットになることには賛否両論あり、マナーの悪い人たちの悲しいニュースも目立ちますが、アイルランドファンの私 としましてはアイルランド起源(らしい)のお祭が日本で広がること自体は歓迎しております。
この調子でセント・パトリックスデイ(3月17日に行われるアイルランドの大事なお祭)もメジャーにならないかなーと思いつつ。

結びに。
私はアイルランドファンでもありますが、大学時代に古典文学を勉強していたこともあり古典、とりわけ和歌が大好きです。
自分のブログを書くにあたって、毎回最後に和歌を一つ紹介したいなと思っておりまして。
本日はこの歌。

【万葉集 巻5 803】
銀(しろかね)も金(くがね)も玉もなにせむに 勝(まさ)れる宝 子にしかめやも

【現代語訳】
銀や金、宝石も、どうして子どもという宝に勝るものになるだろうか。いや、子宝の価値には及ばない。

国語の教科書にも掲載されている山上憶良の有名な和歌です。
憶良は官人(役人)という立場でありながら、一般の人たち(平民)の社会の苦しさや愛情を詠んだ歌を多く残しています。
私は中学生くらいの頃から宝石に強い興味を持ち、以来今に至るまで魅了され続けておりますが……私にも子どもができたら「玉にも勝れる宝ぞー!」と子どもを讃えるようになるのかなあ……と、この歌を思い出す度に考えているのでありました。
初回のブログの内容があまりにも宝石からかけ離れておりましたので金銀宝石に関する歌をご紹介いたしました。
明日から11月です。ケルト的新年の始まり、また気合いを入れて日々のお仕事に励んで参ります。